よくあるご質問-神戸・三宮の矯正歯科|山之内矯正歯科クリニック

神戸市中央区三宮駅近くの矯正専門歯科医院です。

078-230-8800

【診療時間】9:30~13:00/15:00~19:00
【休診日】木曜、日曜、祝日

078-230-8800

【診療時間】9:30~13:00/15:00~19:00
【休診日】木曜、日曜、祝日

よくあるご質問

まず矯正装置をつける前に虫歯治療を行う必要がありますので、一般歯科医院をご紹介しています。

当クリニックは矯正専門の歯科医院であるため、虫歯治療は行っておりません。患者様のかかりつけの歯科医院、あるいは当クリニックが信頼できる歯科医院をご紹介して治療していただきます。抜歯に関しても同様です。

当クリニックで虫歯治療を行わない理由は、日々虫歯治療を行っている歯科医にお願いする方が、患者様のメリットが大きいと考えているからです。

治療内容によってその道の専門家にお願いすることが、患者様にとって最善の治療法だと思います。内科の専門医が心臓外科手術を行わないことと同じだとイメージしていただければわかりやすいと思います。

歯を動かすためのブラケットという装置を、歯の表側につけるか裏側につけるかの違いです。治療中の見た目をどの程度求めるかによって、表か裏かをお選びいただけます。どちらを使っても、治療期間や仕上がりに大きな違いはありません。しかし、費用面は舌側矯正(裏側矯正)の方が高いことが多いです。

以前は表側(唇側)矯正に使うブラケット素材が金属だったので、歯が見えたときにギラッと装置が目立ちました。そのため、矯正歯科治療中の審美性を求める方は裏側(舌側)に装置をつけるしかありませんでした。

しかし、ブラケットの開発は日々進化しており、現在では表側(唇側)矯正でも歯の色にそっくりで、変色しないセラミックブラケットが主流になりました。やはり表側に装置が付くことにどうしても抵抗がある場合は舌側矯正(裏側矯正)が有効です。裏側からの矯正は、以前は喋りにくい、舌が痛い、食べ物が詰まる、歯磨きしにくいなどの問題がありましたが、現在は装置の進化に伴い、ほとんど気にならないレベルになりました。また、虫歯になるリスクが1/7、虫歯の重症度が1/10というヨーロッパでの報告があります。

治療期間や仕上がりは、表側と裏側の差ではなく治療前の噛み合わせの状態が左右すると考えられますので、見た目と費用のご希望に合わせて表か裏かを選択できます。

矯正治療自体に年齢制限はありません。歯周病のように歯がグラグラしていない限り、何歳でも治療は可能です。ただし、悪い噛み合わせを何十年も放置していた結果、治療が難しくなる場合がありますので、できるだけ早く治療を開始することをお勧めします。

はい。当クリニックは部分矯正も行っています。

しかし、部分矯正といっても問題がある歯のみに装置をつけて歯を動かすことはできません。全体の噛み合わせを考えて、装置をつける箇所を判断する必要があるからです。どの程度装置をつける必要があるのか、治療期間にも個人差があることをご了承ください。

子供:認められます。
成人:当クリニックでは、診断時にお渡しする治療計画書のコピーを控除申告時に添付していただいております。

詳しくは、国税庁のホームページをご覧ください。
国税庁ホームページ:https://www.nta.go.jp/

治療上必要があれば抜くことはあります。できる限り歯を抜かないで治療することは、矯正医も患者様も気持ちは同じです。顎を横に拡げたり、歯を後ろに動かしたり、歯の幅を狭くすることで隙間を作れる場合は歯を抜く必要がありません。

しかし、隙間を作れなかった場合や口元が前に出ているのを改善したい方は、抜歯が必要な場合があります。

治療の難易度、歯の動き方の個人差によりますが、通常の治療方法で平均2~3年くらいが一般的な治療期間です。通院ペースは1ヶ月に1回が平均的です。

当クリニックへ通院していただくことが不可能な地域への引っ越しの場合は、引っ越し先近隣の矯正歯科医院への継続治療の依頼をしております。

痛みがまったくないとは言えませんが、想像されているより痛くありません。ブラケットにワイヤーを装着すると持続的な力が歯にかかります。歯が動くときに骨の中の歯根周囲で炎症反応が生じ、それが痛みの原因になります。そのとき、虫歯の痛みと違った歯が浮くような感じがする場合や、物を噛むときに鈍い痛みを覚えることがあります。

この痛みは数日続くことがありますが、1週間くらいで消失します。当クリニックでは治療初期には極めて弱い力で歯を動かしますので、炎症の度合いが少なく、あまり痛みを感じることはないでしょう。痛みの感じ方は個人差がありますが、実際に当クリニックに通院中の方の中には「まったく痛くないです」と言われる患者様がたくさんいらっしゃいます。

また、痛みの原因の1つである「バンド(奥歯に固定する金属の装置)」は、当クリニックでは一切使用しません。これも痛みを減らすことができた大きな要因です。

装置が壊れた、外れた場合は、なるべく早くご連絡ください。次回のお約束日で大丈夫な場合と、至急処理する必要がある場合があります。

矯正装置は入れ歯などと異なり、治療期間内にだけ効果を発揮する器具です。耐久性を求めることが目的の装置ではないので、治療中に壊れてしまうことがあることをご理解ください。

キャラメル、ガム、グミなどが引っ掛かり、ワイヤーが壊れることがありますので控えた方が無難です。

できますが注意が必要な場合があります。まず、トランペットのように唇にマウスピースを押しつけるタイプの楽器は、表側に矯正装置がついていると痛いことがあります。スポーツでは格闘技が要注意です。

このような場合、装置をガードする歯科用マウスピースで対応できますので、治療前にご相談ください。

すべての患者様は、矯正装置を外したあとに保定を行う必要があります。装置を外した直後は歯を支えている骨ができておらず歯がかなり動揺していますので、きちんと保定を行わないと歯が動きます。

通常、この保定には保定装置(リテーナー)という後戻りを防止する装置を用います。この装置をきちんと使用することも矯正歯科治療の大事な部分です。

そのためにも保定が必要です。その後も、正しい噛み合わせを維持するためには、年に1~2回の定期検診を受けていただくことをお勧めします。

大丈夫です。つわりが激しい時期など長時間の診療や通院が難しいことがありますが、治療自体が問題になることはありません。

しかし、レントゲン写真を撮ることはできるだけ避けた方が安心です。当クリニックでは最新のデジタルレントゲンを導入しており、従来のレントゲンに比べてX線量が10分の1程度ですみますが、妊娠の可能性がある場合は必ずご申告ください。

歯の裏側に装置をつける方法、透明の装置を歯に被せる方法、歯の色に近い装置を歯の表につける方法などがあります。

歯に何もつけない状態と比較すると歯磨きは大変です。矯正装置をつけることで歯が磨きにくくなり、虫歯や歯周病になりやすくなるため、食後の歯磨きは非常に大事です。

差し歯は問題ありませんが、ブリッジの歯を動かす必要がある場合、一度ブリッジを外して1本1本の歯に装置をつけることがあります。

ただし、天然歯(治療をしていない歯)と比べて接着剤がつきにくいため、何度か治療途中で矯正装置が外れてしまう可能性があります。外れたときは再度接着剤でつけ直せば問題ありません。

矯正歯科治療は長期間かかりますから、その間に都合によりしばらく通院できなくなってしまうこともときにはあると思います。例えば出産や怪我のための入院や、短期間の留学や受験で忙しいなどです。そのような場合でも、しっかり歯磨きをしていれば特別問題はありません。ただし、その間は治療の進行が遅くなります。

もしも矯正装置が壊れてしまったときは、何らかの応急処置が必要になる場合があります。その際にはすぐにご連絡ください。

矯正歯科治療に伴う一般的なリスクや副作用

  1. 治療開始当初は矯正装置による不快感、痛み等を生じることが多いですが数日から1~2週間で慣れる方が多いです。
  2. 歯の動き方には個人差があるため、想定した治療期間より長くなることもあります。
  3. 装置の使用状況、顎間ゴムの使用状況、定期的な通院等、矯正歯科治療には患者様の努力・協力が必要不可欠です。それらが治療結果や治療期間に影響します。
  4. 治療中は、装置の装着により歯が磨きにくくなります。むし歯や歯周病のリスクが高まるため、丁寧なブラッシングや、定期的なメンテナンスが重要になります。また、歯が動くと見えなかったむし歯が見えるようになることもあります。
  5. 歯を動かすことで歯根が吸収して短くなることがあります。また、成人の方の場合、歯の移動により歯ぐきが引っ張られ下がったようになることがあります。
  6. ごくまれに歯が骨と癒着し、歯が動かないことがあります。
  7. ごくまれに歯を動かすことで神経が障害を受け、神経が死ぬことがあります。
  8. 治療中に金属等のアレルギー症状が出ることがあります。
  9. 治療中に「顎関節で音が鳴る、顎が痛い、口が開けにくい」などの顎関節症状が出ることがあります。
  10. 様々な問題により、当初予定した治療計画を変更する可能性があります。
  11. 歯を削ることで歯の形を修正したり、噛み合わせの微調整を行う可能性があります。
  12. 矯正装置を誤飲する可能性があります。ほとんどの場合、問題ありません。
  13. 装置を外す際、エナメル質に微小な亀裂が入る可能性や、被せ物(補綴物)の一部が破損する可能性があります。
  14. 装置を外した後、保定装置を指示通り使用しないと後戻りが生じる可能性が高くなります。
  15. 装置を外した後、治療により変化した噛み合わせに合わせて被せ物(補綴物)やむし歯の治療(修復物)などをやり直す可能性があります。
  16. 顎の成長発育により噛み合わせや歯並びが変化する可能性があります。
  17. 治療後に親知らずの萌出などの影響で凸凹が生じる可能性があります。また、加齢や歯周病等により歯を支えている骨がやせると噛み合わせや歯並びが変化することがあります。その場合、再治療等が必要になる場合があります。
  18. 前歯を後退させた治療後に、ほうれい線が深くなったり、口唇周囲の皺が目立つようになる可能性があります。
  19. 矯正歯科治療は、一度始めると元の状態に戻すことは難しくなります。